みえぽんの132回目韓国旅行-白羊寺、証心寺への旅(2015/1/10~12)

今回は釜山から!大興寺へ行く予定が全羅道の白羊寺と証心寺に!

今回はAIR BUSANで釜山から韓国へ入国。
33観音聖地の一つである大興寺へ行く予定でしたが、行き先地が白羊寺に変更となってしまいました。

<1日目:2015/1/10(土)>

AIRBUSAN利用で成田空港第1ターミナルに来ました。
出国エリア内には日本折紙博物館があります。
一寸法師や金太郎、シンデレラなどの物語のワンシーンを折紙で作って展示しています。
13:55成田発BX111便で釜山へ。
離陸してすぐに霞ヶ浦、筑波山がきれいに見えました。
都心上空を飛ぶ飛行ルートで、東京湾、レインボーブリッジ、東京ドームも眼下に見えました。
そしてしばらくして美しい富士山の姿が。
事前指定した座席は4Fでしたが4Aと勘違いしてしまい、そしてまた間違えて5Aに着席。
本来5Aに座る人が来た時にはもう出入りしにくくなっていたので、席の移動はせずにお互いの座席をチェンジすることに。
F席に座っていたらレインボーブリッジも富士山も見えませんでした。
釜山金海国際空港に到着。
軽電鉄で3駅乗り、沙上のバスターミナルへ着いたのが17:05。
切符売場窓口の上に行き先とバス出発時間が書かれており、海南行きを見ると、最終バス時間が17時でもう出発してしまっていました。
始発は7時ですが、釜山~海南は5時間かかるので、明日始発に乗り日帰りで行くのもちょっと難しそうです。
釜山2泊3日の旅行で大興寺に行くのは無理があるようで、次3泊で行く時に訪れることにします。
さて、大興寺に行けないとなると、これからどこに行く?来月行く予定にしていた、33観音聖地の白羊寺に行くことにしよう。光州行きのバス出発時間を見ると、大都市なのでまだ本数もあるし遅くまで運行しています。
先に食事をしてから切符を買うことにします。
バスターミナル2階のフードコートで食事します。何でもあります。
ナクチポックンパッにしました。
食事を終え、1階に下りて光州行きのバスチケットを購入しに行きます。
19:10発のバスの最後の1席を取ることができました。
現在の時刻18:45。
バス出発時間まであと25分あるから大丈夫だろうとソルビンへ向かいます。
ビルの2階にあり、エスカレーターで上がり入店。
食べるものはもう決まっています。プレミアム生タルギソルビン。
注文してピンスが出てきたのが19:00。
バスターミナルに行くには横断歩道を渡るため信号待ちがあります。
遅くとも19:05には店を出ないといけません。急いで食べます。
5分になりました。全部食べきることが出来ず泣く泣く店を出ました。
小走りで店を出ますが、エスカレーターが上ってきた上りしかなく下りがありません。
階段も見つからずエレベーターしかありません。え~なんで~。
隣にもCAFÉがあり、そのCAFÉの2階から階段で1階に下りることが出来ました。
バスターミナルは道路を挟んだ向かい側、信号待ちでひっかかりました。
青になり走って、出発時間の1分前の19:09にバスに滑り込みました。
定刻になりバスは光州に向けて出発。

約3時間後に光州に到着。
光州バスターミナルは広くて、着いたばかりでどちらが北か南かも分からず建物内をウロウロしていると、サウナ&睡眠室の案内を発見。ターミナルの2階にあります。
様子を見に行ってみます。
チムジルバンはないけど、お風呂と睡眠室があるようで、今晩の寝床はここに決定。
寝るにはまだ早いのでCAFÉで休憩。閉店時間24時になり寝床に移動。
2段ベッドがある睡眠室のベッド数は28個。
残り1~2個で何とか自分の寝るベッドをキープすることが出来ました。

<2日目:2015/1/11(日)>

6時に起床。
睡眠室を出ると、ベッドで寝られなかった人たちが脱衣室の床などで寝転んでいます。
すべてのバスターミナルの目の前に大きいチムジルバンを作ってくれたらいいのに、って思います。
身支度を整え7時過ぎに出発。
窓口で白羊寺行きのバスチケットを購入。7:35出発です。
予め調べた情報では1時間20分かかるとのことだったので、しばらく睡眠タイムだと思っていたら1時間で到着。
お寺に向かって歩き始めます。付近には食堂があります。
白羊寺は内蔵山国立公園の中にあり、後ろには白厳山がそびえ立っています。
お寺の入口には水が非常にきれいで澄んだ池があります。
川の中に飛び石があり、この飛び石からは、白羊寺を紹介する写真としてよく使われる雙渓楼とその後ろにそびえ立つ山の写真が撮ることができます。
水面には逆さ絵の像も写っています。
境内からも山の姿が見え、絵になる景色です。
大雄殿の前で掃き掃除をしていたお寺の関係者の上品なアジュンマが声をかけてくださいました。
私が日本人だと分かると「日本人ですか?」と日本語でおっしゃいました。
その後境内をうろうろしていたのですが、先ほどのアジュンマがわざわざ私の所までいらして、お寺のパンフレットと白羊寺の卓上カレンダーをくださいました。
白羊寺の拝観を終え、光州バスターミナルへ戻ろうとするも次のバスの出発時間まで1時間以上あり、バス停近くの食堂で食事して時間を潰すことに。
光州バスターミナルへ戻って来ました。
次の目的地は証心寺。
歩いて最寄りの地下鉄の駅まで行き、地下鉄とバスを乗り継いで目的地へ向かいます。
バスを下りてから証心寺へ行く途中、文彬精舎という所へ立ち寄ります。
登って行く人も下りて来る人もほとんどみんな登山服、登山靴、リュック姿です。
スカートにコート着て、手提げかばん持っているのは私だけです。
道中にある無等山国立公園の案内板で現在地と証心寺の位置を確認し、登山客と同じ川沿いの道を道なりに登って行きましたが、地図で見るとそれほど距離はなさそうに見えたのに、証心寺へはなかなかたどり着きません。
思いのほか歩いてようやく到着。
証心寺は光州では有名なお寺で、500羅漢像が置かれた五百殿は、無等山にあるお寺の建物の中で最も古いそうです。500羅漢像を見ることもできました。
三層石塔や毘盧殿に安置されている鉄造毘盧遮那仏坐像などもみどころです。
地下鉄に乗る前にCAFÉで休憩しアイスクリームを食べます。
光州バスターミナルに戻って来ました。
沙上行きより老圃行きが1時間早かったので、18:10老圃ターミナル行きのバスに乗り釜山に戻ります。
釜山には約3時間後に到着。
西面でサムギョプサルを食べる予定でしたが、ポゴメウンタンが食べたくなり海雲台へやって来ました。
でも肉だけはどうしても譲れないので、先に肉を食べてからふぐをと思い、まずはセマウルシクタンへ。
肉でお腹がいっぱいになってしまい、ふぐはもうあきらめ食後にクッスで〆。
今晩の寝床、海雲台のビーチが見える高台にあるVESTAチムジルバンへタクシーで移動します。

<3日目:2015/1/12(月)>


昨日食べられなかったポゴメウンタン。
24時間営業のお店なので早起きを試みるも食欲よりも睡眠欲が勝ち、やっぱり結局起きられず。
チムジルバンを出るとすぐに運よくタクシーが来て最寄りの駅まで行きます。
空港に行くにはまだ時間に余裕があるので、沙上駅周辺でピョタギヘジャンクッの朝食を食べます。
11:20釜山発BX112便で成田へ帰国。

大興寺は未開拓エリアにあり、ケーブルカーに乗り、多島海を眺めるもの楽しみにしていましたが、飛行機到着時間と海南行き最終バス出発時間の関係で、残念ながら予定していた訪問地へ行けませんでした。
今回訪れた白羊寺も素敵な場所でした。33観音聖地22か所目です。残り11ヶ所となりました。
みえぽんの132回目韓国旅行終了です。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2015-02-05

ページTOPへ▲

関連記事

白羊寺

白羊寺

紅葉の名所として名高い、三国時代からの名刹

【龍山駅出発・日帰り】鉄道の旅シリーズ 紅葉狩りの季節到来!白羊寺と竹緑苑に訪れる全羅道の旅 [H-29]

【龍山駅出発・日帰り】鉄道の旅シリーズ 紅葉狩りの季節到来!白羊寺と竹緑苑に訪れる全羅道の旅 [H-29]

期間限定、韓国でも指折りの紅葉スポットとして知られる白羊寺。高速鉄道(KTX)に乗ってソウルから日帰りで訪れます。

その他の記事を見る