7月の釜山 【2016年】

梅雨が始まりジメジメする釜山ですが、後半からは青空広がる夏に!


こんにちは、プサンナビです。世界的な異常気象で6月からすでに真夏?というくらいジメジメ暑かった今年(2016年)の釜山。でも6月の後半からは雨の日も多くなり、すでに釜山も梅雨入り。7月の後半にもなれば本格的なじりじりとした暑い夏がやってきます。青空の下、釜山にある海水浴場はたくさんの人で賑わいはじめます!それでは釜山の7月について、くわしく見ていきましょう~

―カレンダー編―


7月 1日 海開き 海雲台、松亭、松島以外のビーチが海開き。
7月 7日 小暑(ソソ) 24節期の1つ。本格的な夏がやってくるといわれる日。
7月17日 制憲節(チェホンジョル) 韓国の憲法記念日。現在は祝日ではありません。
7月17日 初伏(チョボッ) 韓国版土用の丑の日の、最初の日。夏に3回あります。
7月22日 大暑(デソ) 24節期の1つ。気温が夏に向けてさらに上がるという日。
7月27日 中伏(チュンボッ) 韓国版土用の丑の日の、2回目の日。

―気になるお天気―


気象庁の発表によると、梅雨でしとしとと雨の日が続く7月の釜山。前半は低気圧の影響もあり雨の日が多くなり、気温も例年より高め。7月中旬からは梅雨の影響も少なくなり、青空の広がる暑い日が続くなるとのこと。

●7月の釜山のファッションはこんな感じ●

―7月のトピックス―


梅雨の釜山!

雨が多いと観光をするのも一苦労!そんな時にオススメしたいのが地下街や屋内の施設!傘を差しながら、釜山の街を歩くのもいいけれど、疲れたら釜山市内にある屋内のスポットでお買い物、観光、エンターテイメントなどをお楽しみください。


釜山市内のすべてのビーチで海水浴が可能!!

すでに海開きしたた釜山市内の3つのビーチを追いかけるように、残りの釜山市内のビーチもすべて海開き!今年は海雲台ビーチが夜間オープンされたり、砂浜に子供用プールやウォータースライダーなどが設置され、また広安里ビーチは砂浜の広さが2倍になり、松島ビーチでも海の上を200m歩ける散歩道が登場するなど、例年以上に釜山の海を楽しめそう!


夏に3回ある、韓国版土用の丑の日、三伏!

韓国にも日本の土用の丑の日のように、暑さにバテないように元気が出るものや滋養によい料理などを食べる日が3回あります。今年は最初の日が7月17日、2回目は7月27日、3回目は8月16日でもありますが、特に人気なのが参鶏湯(サムゲタン)で、この日はお店の前に長い列ができるほど!また日本と同じくウナギなどを食べる方も。


■夏の釜山はイベントもいっぱい!

8月上旬から釜山市内の各地で毎年行われる「釜山海祭り」をはじめ、ビーチ付近で行われるストリートイベントなど、夏をおもいっきり楽しむイベントの多い釜山。人出もかなり多いので、雰囲気を楽しんでみてもいいかも!また暑い夏の夜を楽しめるイベントもいっぱいあります。
・第16回 釜山ロックフェスティバル
日程: 8/26~8/28
開催地: 三楽体育公園

・第20回 釜山海祭り
日程: 8/1~8/8
開催地: 海雲台ビーチ一帯

・第11回 釜山国際マジックフェスティバル
日程: 8/4~8/7
開催地: 海雲台ビーチ一帯


夏は夜も楽しい!多大浦噴水ショーを見に行こう!

釜山郊外にある世界最大級の野外噴水。最大直径60m、周囲180mほどの大きさで、音楽と照明、水が繰り広げるミュージック噴水ショーが行われています。夏になって日も長くなり、夜も寒くないので、ちょっと足を延ばして見に行くのもオススメです。

―今月のナビのオススメメニュー―


ネンチェチョッパル
チョッパルを薄くスライスしたものにキュウリ、クラゲ、カニ足、錦糸玉子を混ぜ、醤油とマスタード、お酢などを加えた特製ソースを加えた「ネンチェチョッパル」。豚肉の脂っこいイメージとはかなりかけ離れ、ヘルシーでさっぱりと感じられる料理として特に夏の時期に人気のメニューです。 お酒のお供にも、ご飯のお供にもOK!

いかがでしたか?ただいま釜山は梅雨まっただ中ですが、傘をさして釜山の街を見て歩くのも風情を楽しめるかもしれません!また、傘をさして歩くのはいや!という方はデパートや地下街、またセンタムシティーのモールなど、屋内で快適に過ごせるスポットも多いので、そういう場所を有効に利用するのもオススメですよ~!以上、プサンナビがお送りしました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-06-23

ページTOPへ▲

関連記事

7月のソウル【2020年】

7月のソウル【2020年】

下旬には梅雨も明けて夏本番、三伏の季節を迎えるソウル!

その他の記事を見る