6月の釜山 【2016年】

釜山市内の海水浴場の海開きも始まり、本格的な夏がやってくる6月の釜山!


こんにちは、プサンナビです。春になったなぁ~と思ったら、急に夏のような日差しになり、すぐ初夏の陽気となる釜山。6月になれば釜山のいくつかの海水浴場でも海開きが行われ、釜山の夏の風物詩、海水浴シーズンが到来します!東南アジアなどで海を楽しむ!という旅行がありますが、今年の夏は釜山のビーチで海水浴をしてみるのはいかがですか?日本とはちょっと違った雰囲気の、面白い海水浴を楽しめるはず!!特に海雲台では初めて夜のビーチも始まります!それでは、釜山の6月をくわしく見ていくことにしましょう~

―カレンダー編―


6月 1日 海雲台、松亭、松島の3つのビーチが海開き
6月 5日 芒種(マンジョン) 24節気の一つ。麦を収穫し、稲を植える日。
6月 6日 顕忠節(ヒョンチュンジョル) 国家のために命をささげた人を偲ぶ日。この日は祝日となり、土日を含めて3連休となります。
6月 9日 端午(タノ) 陰暦5月5日の端午の日。韓国でもヨモギ餅なども食べるところもある。
6月21日 夏至(ハジ) 1年で1番昼が長い日。
6月25日 6,25(ユギオ) 朝鮮戦争が始まった日。
7月 1日 海雲台、松亭、松島以外のビーチが海開き

―気になるお天気―


気象庁の発表によれば、6月の釜山は移動性高気圧の影響で全体的に気温が高い日が続き、雨も少なめで乾燥の激しい日が多くなるとのこと。また月末にはゲリラ豪雨などが起きる日もある予想なので、傘などを持参して旅行することをオススメします。また海に面した釜山は朝晩の温度差が激しくなり、日中は真夏のようなあたたかさが感じられますが、朝晩は冷たい風が吹く日も。1枚羽織る上着などを持参しましょう!

●6月の釜山のファッションはこんな感じ●

―6月のトピックス―


■6月1日、釜山市内の3つのビーチが海開き!

トップバッターとして海開きをする釜山市内の3つのビーチ!海雲台、松亭、松島海水浴場は6月から楽しめます。今年(2016年)は海雲台ビーチで夜間開放が行われ、砂浜には子供用プールやウォータースライダーなどを設置、また広安里ビーチでは砂浜の広さが2倍になり、松島ビーチは海の上を200m歩ける散歩道ができるとか。例年以上に釜山の海を楽しめそう!
海水浴の様子はコチラ!


6/6は顕忠節

6月6日韓国にとって大切な日。国家のために命をささげた人を弔う日であり、祝日になります。今年は週末と合わせて3連休に 。花が咲き乱れるこの時期、公園散策もオススメです。


■6月の後半、雨が多い梅雨に入ります!

日本の梅雨とほぼおなじ時期に釜山も梅雨に入ります。1日中シトシトと降り続けることはない釜山の梅雨ですが、ゲリラ豪雨のように突然嵐のように降ることも。お天気のニュースをチェックしながら釜山旅行を楽しみましょう。


■夜も比較的暖かい季節、多大浦の噴水ショーを見に行こう~!

釜山郊外にある世界最大級の野外噴水。最大直径が60m、周囲も180mほどの大きさで、音楽と照明、水が繰り広げるミュージック噴水ショーが行われています。日も長くなり、夜も寒くないので、ちょっと足をのばし、ステキな噴水ショーを見に行ってみてくださいね!

―今月のナビのオススメメニュー―


■ミルミョン■
冷た~くツルツルっと食べられる「ミルミョン」!やはり暑くなってくるとぜひ食べたい1つ!ミルミョンは釜山が発祥で、釜山を中心とする慶尚南道で主に食べられているメニュー。1950年に勃発した朝鮮戦争で北から釜山まで避難してきた戦争難民が故郷である平壌の冷麺を再現しよう、当時手に入りにくかった冷麺の食材であるジャガイモやソバ粉の代わりにアメリカからの援助物資だった小麦粉を代用してできたのがミルミョンの始まり、と言われています。ミルミョンは冷麺よりもさっぱりしていて、爽快な味を楽しめる釜山だけの夏の味!暑くなってきた今の時期から、是非ご賞味ください!

―イベント情報―


★釜山国際舞踊祭り
【日程】6月3日~6月7日 
【場所】海雲台ビーチ、映画の殿堂、釜山文化会館など。

★センタムビール祭り
【日程】6月9日~6月19日 
【場所】KNNセンタム広場

いかがでしたか?6月というとすぐに梅雨?と思ってしまいますが、前半は気持ち良い初夏のお天気が続くので、この時期に海雲台ビーチで海遊びをする釜山旅行なんていかがでしょうか?以上、プサンナビがお送りしました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-05-26

ページTOPへ▲

関連記事

6月のソウル 【2021年】

6月のソウル 【2021年】

6月の下旬からは梅雨が!雨に濡れる初夏のソウル!

その他の記事を見る