スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

みえぽんの162回目韓国旅行 GW8泊9日旅はチムジルバン7泊で釜山~慶州~浦項~鬱陵島~大屯山~全州~法住寺~釜山周遊(2017/4/29~5/2)<前編>

まずは、釜山、三光寺燃灯祝祭、良洞民俗村と巡り、そして浦項から鬱陵島へ上陸!

GWは8泊9日の長旅。
今回の旅のメイン目的地は、鬱陵島(ウルルンド)と三光寺。
去年のGWに、長年ずっと行きたかった鬱陵島へ初めて行きました。
自然が多いとても美しい島で、見残したものがあるので1年ぶりに再訪。
2012年にアメリカCNNに韓国の美しい景色TOP50に選ばれた燃灯祭りの三光寺。
一昨年初めて燃灯祝祭の時期に三光寺を訪れました。
ライトアップされた夜のお寺の景色がとても美しく、それ以来、年に一度の訪問をとても楽しみにしています。
2017年の釈迦生誕日は5/3(陰暦4/8)でちょうど旅行期間中なので、再び感動を求め滞在中に二度、三光寺に行って来ました。
鬱陵島以外は、毎晩チムジルバン泊(1晩約千円前後)。
9日間で、釜山~慶州~浦項~鬱陵島~大田~大屯山~全州~大田~法住寺~釜山と周遊しました。

<1日目:2017/4/29(土)>

日本航空利用で成田空港第2ターミナルに来ました。
預ける荷物はなく、自動チェックイン機でチェックイン。
4月29日、GW連休の始まりの日。
保安検査場の入口は並んでいる人の列もなくすぐに入って、出国審査も時間がかからずに通過。
フライト時間の約2時間半前に搭乗口に到着。
日本航空JL969便、成田18:20発のフライトで釜山へ。
機長から、「成田空港の上空、飛行機が込み合っていて離陸の許可が下りない、順番待ち」とのアナウンス。
久々にLCCではない航空会社を利用なのに、まさかの遅延。
モニター付き飛行機なので、「アメトーーク!」を見ましたが、全部見終ってもまだ離陸しません。
次は「世界の果てまでいってQ」を見ました。
搭乗した時はまだ明るかったのに、もうすっかり真っ暗になってしまいました。
18:20のフライトなのに、飛行機が動き出したのは19:48で1時間30分も遅延。
釜山金海国際空港の滑走路に着陸したのは21:57。
本来なら90分前の20:30頃到着していたのに。
釜山に着いてすぐに沙上へ移動し、食事してスイーツも食べる予定でしたが、もう遅くて無理。南浦洞へ向かいます。
南浦洞に着いたらもう23:15を過ぎています。
BIFF広場のホットクの屋台まだやっているかな?
鉄板にカバーがかけてあり、もうホットクは揚げていません。
列に並びましたが、残り10個未満。
私まで回って来るかな?私の分あるかな?と心配でしたが、何とかゲットできました。
ではこれから今日の寝床となる松島ヘスピアチムジルバンに移動します。
土曜日の24時前の繁華街。
なかなかタクシーがつかまらず先へ先へと歩いて行くと、チェーン店のキンパッ天国があり、入店しました。
メニューが豊富で一通り何でもあるし24時間営業で便利。
キンパッ天国のお気に入りのメニュー、よく食べるトッマンドゥクッを注文。
大きいマンドゥが6個も入っていました。
食べ終わるともうすぐ24:00。
タクシーを捕まえて、松島ヘスピアチムジルバンへ向かいました。

<2日目:2017/4/30(日)>

日付が変わった24:22に入館。
入館するときに人がたくさんいて混んでいるけど大丈夫か?と聞かれました。
松島ヘスピアチムジルバンはお気に入りで、釜山に来ると泊まる率が高い。
週末混むのはよく知っているので大丈夫です。
人がいっぱい。金曜日・土曜日に来るといつもこんな感じです。
チムジルバンでゆで卵を食べるのが大好きです。
朝目覚めて時計を見ると、まだ5:43。
二度寝して起きたら8:30。またゴロゴロして9:30に身を起こしました。
フロアに人はもうほとんどいなくなり、掃除されてすっかり綺麗に。
10:30にチムジルバンを退館しました。
歩いて松島スカイウォークへ。チムジルバンから10分程です。
3月に来た時に建設中だった建物は、ロープウェー乗り場です。だいぶできていました。来年に松島スカイウォークの上を通過するロープウェーがオープンする予定だそう。
コブッ橋を渡るとコブッ島。コブッ島から海上散策路、松島スカイウォークが伸びています。
さて時刻は11:30過ぎ。そろそろどこかで食事しよう。
周囲に海産物のお店があります。これはっていう所が見つからなかったら、海雲台に本店があるタラ鍋のチェーン店、ソッシウォナンテグタンでタラ鍋食べるつもりでした。
松島食堂、ここに入ろう。
豚肉大好き、プルペッ定食を食べました。ピリ辛味付けで美味しかったです。
食後のスイーツを食べに行きます。
松島食堂が入っている同じ建物に、ソルビンがあります。ソルビンのピンスもいいけど、他に食べたいものがあるので先へ進みます。
ある地図に、台湾式ピンスのチェーン店、好味氷が載っていました。
ホミビンのピンスを食べようと、地図に載っている場所に行ってみたら店舗がありません。どうやらつぶれたよう。
ホミビンがあったはずの建物に、DROP TOPがあったので、ここでいいやと入店。
しばらく休憩しました。

ではこれから海東龍宮寺に行きます。
松島海水浴場から釜山駅までバスに乗り、釜山駅前から海雲台~松亭へ行く1001番か、1003番のバスに乗り換えます。
1003番のバスが来ましたが、込み込みで乗ることが出来ず。
次に来た1001番のバスに乗車。途中の停留所で下りてもう1度乗り継ぎ、龍宮寺へ到着。バス停留所からお寺の入口までは少し歩きます。
賑やかな参道が現れ、お寺の入口まで食べ物を売る屋台、土産物屋さんが並びます。
ホットクを買って食べました。
十二支の干支像が出てくれば、お寺の入口はおうすぐそこです。
お寺の入口にある交通安全を祈る塔の少し手前からすごい人がいっぱいで、お寺に入るのに列が2つ出来ていました。
入口はここ1ヶ所で道幅が狭いから、なかなか進みません。
人だかりの隙間をぬって、さっささっさ、108段の階段を下りて行きました。
5/3(陰暦4/8)が釈迦生誕日なので、この時期の韓国のお寺は、境内に色とりどりの提灯が飾られていてとても綺麗です。
釈迦生誕日の頃に海東龍宮寺に来たのは初めてです。
境内には高さ10mの海水観音大仏があります。
帰る頃にも、お寺に入るのに並ぶ列がずっと伸びていました。
1つ先の停留所前にはロッテモールがあり、龍宮寺からも歩いて行けます。
本来ならここで食事してから次の目的地、三光寺へ行く予定でしたが、時間が押しているのでロッテモールには立ち寄らずに三光寺へ向かいます。
バスを乗り継いで行きます。途中で63番バスに乗り換え。
63番バスの路線に三光寺入口という停留所があるのでここで下りるつもりでした。
同じバスに乗っていたアジュンマが、三光寺の真ん前まで行くバスに乗り換えた方がいいと言います。
そして、あの人も三光寺に行くからあの人と一緒に行くといいと声をかけてくれました。
三光寺に行くアジュンマにも、私が日本人であることを伝えてくれました。
親切なアジュンマ、カムサハムニダ~。
三光寺に行くアジュンマと一緒にマウルバスに乗り換え、三光寺に到着。
燃灯祝祭の三光寺は、2012年にアメリカCNNに韓国の美しい景色TOP50に選ばれました。
ライトアップされた夜のお寺の景色を偶然見たのですが、とても美しく、自分の目で見てみたいと、2年前に初めて来ました。
あまりの美しさに感動し、釈迦生誕日に合わせて去年も三光寺を訪れ、もちろん今年も三光寺に行くことをとても楽しみにしていました。
3年連続3度目の訪問。もちろん、これから先、毎年行きます。
釈迦生誕日の1ヶ月くらい前から境内に提灯を飾り始めるそうです。
夜はこの色とりどりの提灯に灯がともされ、とても幻想的で美しい景色となります。
2年前も去年も、日没前の明るい時間にお寺に到着し、明るい景色と暗くなってからの景色を両方楽しみました。
この時期の釜山は19時過ぎでもまだ明るく、19:15~20頃に暗くなり始めます。
今日も本当は日没前に到着予定でしたが、朝ゆっくりしすぎて時間が押し、三光寺に着いたのは19:30を過ぎていて、もうすっかり暗くなってしまいました。
あまりに美しすぎて、ただただ感動。気付けば、写真を約700枚も撮っていました。
三光寺を後にし、今夜の寝床のチムジルバンに移動します。
今夜泊まるチムジルバンは、金海のチャンユという所にある瀑布水サウナチムジルバン。
三光寺から西面までマウルバスに乗り、西面から地下鉄で沙上へ。沙上から軽電鉄に乗り換え首露王陵駅で下車。ここからさらに30分程バスに乗ります。
首露王陵駅に着くと、時刻はすでにもう22:45。チャンユに行くバスまだあるかな~?
先月、3月も瀑布水サウナチムジルバンに行くつもりでしたが、首露王陵に着いた時には時間が遅く、すでにチャンユに行くバスの運行が終了していて、行けませんでした。
なので、駅から徒歩圏内にある林虎山チャムスッカマで泊まりました。
林虎山チャムスッカマは金・土のみ24時間営業でその他の曜日は宿泊することができません。今日は日曜日なので24時間営業していません。
もしチャンユに行くバスがなかったら、西面あたりまで戻らないといけません。
チャンユに行くバスは21、97、98番。ドキドキしたけど、まだあった、よかった~。
バスに乗り30分ほどで到着。
このチムジルバン、たまたま地図を見ていて見つけて、昨年の12月に初めて来てみました。
全国100ヶ所以上のチムジルバンで寝泊まりしましたが、ここかなりいいです。
コンセントが塞がれていないからスマホの充電もできるし、Wifiもつながるし、スッカマもある。
三光寺へ行った後、西面で夕食を食べたかったけど、食事をしたら確実にバスがなくなりここには来られないので、食事できませんでした。
カップラーメンと、ゆで卵を購入して食べました。

<3日目:2017/5/1(月)>

チムジルバンを10時に退館しました。
今日の目的地は慶州の良洞民俗村。
沙上駅のすぐそばにある釜山西部バスターミナルから慶州へ向かいます。
慶州経由浦項行きのバスは始発7:30~最終19:00まで、毎時30分発。
12:30発のバス乗車券を購入しました。
慶州に発つ前に食事をします。
バスターミナルの裏手にあるチェーン店、ユガネタッカルビにポックンパッを食べに来ました。
タッヤチェポックンパッを注文することが多く、今日はプルコギポックンパッを注文。
ソウルでは5500WONのポックンパッはここ釜山では4500WON。
トッピングのチーズも追加。
時間があればこの後、ソルビンのピンスでもと思っていたけど、デザートを食べる時間がなく、バスターミナルに戻って来ました。
慶州・浦項行きは1番乗り場。慶州を経由して浦項まで行きます。
12:30になり、慶州に向けて出発しました。
約1時間後の13:30過ぎに慶州に到着。
これから路線バスに乗り換えて、良洞民俗村に向かいます。
1月に慶州に来た時に良洞民俗村にも行く予定でしたが、祇林寺、骨窟寺、仏国寺へ行くともう時間がなく、良洞民俗村には行けませんでした。初めての訪問です。
事前に調べたバス番号が無かったので、近くの観光案内所に良洞民俗村に行くバス番号を聞きに行き、バス番号が書かれた紙をもらいました。
良洞民俗村まで行くのは203番だけですが、残念ながら13:30に出てしまったところです。
200~208、212、217番にも乗って行けますが、良洞民俗村までは少し歩かないといけないそうです。
14:00出発の206番バスで良洞民俗村へ向かいました。
35分程で良洞民俗マウル入口に到着。
バス停から良洞民俗村まで10分ほど歩きました。
良洞民俗村は500年以上の歴史を持つ由緒深い名門集落だそうで、2010年にユネスコ世界遺産に登録されました。
民俗村の地図をもらったので、この地図を見ながら散策します。
解説者による無料案内もしているようです。
村内には藁ぶき屋根の家屋と瓦屋根の家屋があり、観稼亭、香壇、無忝堂などの見所があります。民泊、食堂もあります。
良洞民俗村の観光を終えました。
明日は浦項から船に乗り、鬱陵島へ行きます。
今晩は浦項に泊まるので、これから慶州ではなく、浦項に移動します。
来たときに下りた停留所がある大きい道路まで歩いて来ました。
浦項へは700番か600番のバスに乗って行きますが、どれくらいの運行間隔なのかな?
30分ちょっと待って、700番バスが来ました。30分の待ちでよかった。
浦項税関という停留所で下車。
今日のうちに旅客船ターミナルに行き、明日の船の予約をしておこうと思いました。
旅客船ターミナルの建物の中に入りましたが、人がいません。カウンターも無人。
船舶会社の人がいたので、明日の便を予約したいと問い合わせてみると明朝来て下さいと言われました。
今日来る必要はなく、当日購入でよかったみたい。
浦項旅客船ターミナルの前は迎日台海水浴場です。
竹島市場に夕食を食べに来ました。一番奥に海産物の食堂が密集したエリアがあります。
浦項はカニがたくさん獲れるようで、カニが多い。
1軒の食堂に入りました。東大邱フェッチッ
一人で食べられるものはありますか?と聞いて、店員さんのおすすめのものを注文。
魚のお鍋とムルフェと焼き魚の夕食。
食後は、竹島市場の入口にあったカフェへ。
マンゴーピンスを食べて、スマホの充電をして、ネット見てしばらく休憩しました。
今夜の寝床は24時間営業のチムジルバン、浦項温泉。
地図で見つけて、韓国のインターネットでHPも見て、24時間営業であることを確認済。
でもちょっとドキドキ。24時間営業じゃなかったらどうしよう、つぶれてなくなっていたらどうしよう。
最寄りバス停で下りて歩いて行くと、前方に浦項温泉の建物発見。ネオンが点いているから営業しています。一安心。
入館料は7000WON(約700円)でした。安い。
スマホの充電も出来て、Wifiもつながりました。
女性専用睡眠室で寝ました。

<4日目:2017/5/2(火)>

朝になりチムジルバンを退館。
今日はこれから鬱陵島へ行きます。
最寄りのバス停から浦項旅客船ターミナルまでバスに乗って来ました。
まずは鬱陵島行きの乗船券を購入しないといけません。
鬱陵島には道洞港、苧洞港、沙洞港、港が3つあります。
浦項からは3つの港行きの船が出ていて、乗船券購入カウンターも異なります。
昨年は江南道東海から苧洞港行きの船に乗船し、鬱陵島に上陸しましたが、苧洞港の周囲には何もありませんでした。
道洞港が一番賑やかなので、今日は道洞港行きの乗船券を購入。
浦項から道洞港へは、浦項9:50発→道洞港13:00着のサンフラワー号で行きます。
乗船券片道大人64500WON。鬱陵島民は約7000WONです。
乗船券の購入には身分証明書が必要で、観光人は住民登録証、外国人はパスポートを提示します。
今日は5月2日の火曜日。平日でも結構人がいますね。
バッジを付けた人が多いので、ツアー客一行だと思われます。
いよいよ乗船します。乗船改札口で、再度、身分証明書を提示します。
道洞港行きのサンフラワー号。一般室は1階と2階で、3階には特等室があります。
私の席は2階の一般席で近くに窓がなくて暗く、船内空席がたくさんあるので前方の明るい席に移動しました。
船内のモニターには、現在位置の経度・緯度が表示されます。
浦項を出航したサンフラワー号は定刻通り13:00に鬱陵島道洞港に到着。
1年ぶりに美しき神秘の島、鬱陵島に上陸しました。


みえぽんの162回目韓国旅行【中編】・【後編】に続く。
◆◇◆ みえぽんさんのブログ(外部サイト)はこちら ◆◇◆

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-06-16

ページTOPへ▲

その他の記事を見る