第4回釜山広安里花火大会【2008年】

2日間開催される花火大会!8万発の花火が一気に釜山の夜空へ舞います!

アンニョンハセヨ、プサンナビです。毎年100万人以上の人で賑わう釜山の花火大会が今年で4回目を迎えます!今年は、前夜祭にも3万発、本祭りの当日は50分間に8万発の花火が一気に打ち上げられると発表され、例年よりもさらに盛り上がりそうな予感。花火以外にも世界的に有名な韓国の公演「ナンタ」が見られたり、映画が上映されたりとイベントも盛りだくさんになっています!ということで、第4回釜山広安里花火大会の詳細をお届けしちゃいます!

2日あわせて10万発の花火が釜山の夜空に!

<17日(金)前夜祭>
去年までは初日の前夜祭にレーザーショーが行われましたが、2日間連続で花火が打ち上げられるのは今年がはじめて!前夜祭の主題「希望の花が5つ咲きました」に合わせて、チューリップ、フリージア、デイジー、梅 、椿の花にあわせて1万発の花火が打ち上げられます。その後には、上海からの花火チームが出演し、2020年の釜山オリンピック誘致を応援する花火を2万発打ち上げる予定になっています。

<18日(土)本祭り>
8万5千発の花火が釜山の夜空に舞い上がるが本祭りの18日。去年に続き、広安大橋から流れ出るようなナイアガラの花火や無人飛行装置の火の鳥などの花火が登場する予定。また、花火大会の前にはナンタ公演が、後にはキム・ジョンウン、ムン・ソリ主演の「ウリセンヘチェゴエスンガン(私たちの人生で最高の瞬間)」が上映される予定になっていますよ。

150万人の人出が予想!早めに会場入りを!
毎年150万人が見に来る花火大会なので、良い席でゆっくりと座ってみたいという方は、数時間前に会場入りして花火を見ることをオススメします。去年、ナビが3時間前に会場入りしたんですが、すでに結構な人が来ていました。今年は、去年を上回るか!?という報道もされているので、ぜひ早めにいって良い席で花火を見てくださいね!
また、たくさんの人出が予想されるということで、17日には地下鉄2号線が12回、3号線が10回、18日は1号線が40回、2号線が86回、3号線が82回と臨時列車を運行させると地下鉄側が発表しました。地下鉄だけでなく、バスも驚くような混みようになるので、公共交通機関を利用していかれる方は事故などにも注意してくださいね。
日本の花火も良いですが、釜山の短い時間で何万発も打ち上げられる花火はまた違った意味で格別です!ぜひ、この日程に釜山に滞在されている方は広安里ビーチで花火を見てくださいね~!以上、プサンナビがお送りしました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2008-10-15

ページTOPへ▲

関連記事

2019年 釜山花火大会観覧ツアー  11月2日(土)開催

2019年 釜山花火大会観覧ツアー 11月2日(土)開催

2019年11月02日(土)に広安里(クァンアンリ)海水浴場にて開催される韓国最大規模の花火大会として有名な「釜山世界花火大会」を観覧できるツアーです。

その他の記事を見る