国立水産科学院

クンニッスサンクァハグォン국립수산과학원

閉店・移転、情報の修正などの報告

雨の日のお出かけレパートリーの一つにいかがですか!

こんにちはプサンナビです。今日は雨がしとしと降って寒い週末。小さいお子さん向けの雨の日お出かけレパートリーに入れていただけたらと思い、さっそく国立水産科学院を取材して参りました。海に面して建つ国立水産科学院は、こんなところに?と思う様な釜山の街外れにありますが、施設はしっかりしていて、内容もとても充実していました。何より市場や海鮮料理の店で私たちが目にする釜山自慢の海の幸がどのようにして海で育ち、市場に並ぶのかがとても詳しく解説されており、子供のためにと出かけたものの、大人の私まで十分興味深く見学することが出来ました。

門をくぐって100mほど行くと駐車場。ピンクの建物の奥にある白い建物が水産科学院です。

入ってすぐに、大きな鯨の骨。本物だそうです。

洞窟の中に入ると、地球誕生から現代に至るまでの海の変化の展示。ちょっと幻想的です。

ジオラマかなり凝ってます。

子供はこういうのが好き。

実際は科学院なだけあって、こういった地味な展示が殆ど。興味がある人はじっくりどうぞ。

小さな水族館もついています。

視聴覚室。なぜかカンフーパンダやってました。

展示の建物を出ると、目の前に船。この船にも入れます。

お土産屋さん


外に鯉などのいる水槽。お土産屋さんで餌(500W)を買って餌をあげられます。雨の日とあって誰も餌をあげてないのか、ものすごい食いつきの良さでした。

内容は子供向けというよりは、大人向けの内容の濃い展示物が多いのですが、視覚的には子供も十分楽しめます。入場料、規模ともにお手ごろなので、ちょっとした散歩で出かけるには丁度良いかと思います。雨の日はもちろん、水産科学院自体がキジャンの海沿いに建っているので晴れの日は海の景色も楽しめますし、敷地内を散歩するのも良いでしょう。水産科学院で遊んだ後はキジャンでおいしいお刺身、というコースもお勧め。以上プサンナビがお送りしました。

*料金
 大人;2000W/学生(小中高);1000W/未就学児、65歳以上は無料

記事登録日:2009-12-11

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    chamaya

  • photo

    chamaya

  • photo

    chamaya

  • photo

    chamaya

  • photo

    chamaya

  • photo

    chamaya

  • photo

    chamaya

  • photo

    chamaya

  • photo

    chamaya

  • photo

    chamaya

ページTOPへ▲

関連タグ: プサン科学館

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-12-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供