スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

甘川洞文化村をチェック!!

釜山に行ったら必ず行く!という観光名所になった甘川洞文化村をチェック!

こんにちは、プサンナビです。釜山は山に囲まれた港町。観光の途中、山々を見上げると山肌にたくさんの家屋が並んでいる様子を伺うことができます。そんな家屋が並ぶ集落の1つが、南浦洞からバスで20分程度の町・甘川洞(カムチョンドン)。こちらはこの家屋を利用しアートを織り交ぜた町おこしを行い、いまでは甘川洞文化村と呼ばれるようになった街で、山肌に立ち並ぶ家屋はカラフルにカラーリングされ、入り組んだ路地のあちこちにはアートオブジェが並び、ユニークで珍しい景色を楽しめるスポットとして、すでに有名な釜山のマチュピチュと言われているこちら!ということで、今日は、そんな甘川洞文化村を歩いてみましたよ。

甘川文化村とは?


釜山のマチュピチュと称されるわけ、それは入り組んだ路地が迷路のようにみえるため。町おこしのプロジェクトの名前もマチュピチュプロジェクトとつけられているほど。観光地としてこの集落を作ったのではなく、もともと朝鮮戦争の際に北朝鮮側から戦争を逃れるために逃げてきた避難民たちが住居を求めて集落を作ったことが始まりとか。山肌に沿って家屋が立ち並び、いくつもの歩道も入り組んだ街が形成されています。この景色に惹かれた美術家や写真家などが村にアートギャラリーをつくり始め、2009年から始まったマチュピチュプロジェクトにより、甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)という新しい観光名所になりました。

韓服を借りて楽しみながらの観光~!


毎年、観光客数が伸び続けるこちらの甘川洞文化村!来るたびにお店が増え、観光以外の楽しめるスポットなども増え続けていますが、今、人気なのが、韓服などをレンタルできるショップ!外国人の観光客には韓服のレンタルがとても人気だそうですが、他に、セーラー服などもあるらしく、かわいく制服を着てデートを楽しむ韓国人のカップルも多く見かけましたよ~!

流行の屋台が一目でわかる甘川文化村!


また、屋台や小さいフードトラック、お店なども増えてきていますが、メイン通りと思われる通りには、その時期に流行している屋台フード、B級グルメ、スイーツなどが一目でわかるほど、お店がズラリ!小腹を透かしていき、面白いものを食べてみたり、チャレンジしたりするのも観光の楽しみかもしれません!
こちら昔懐かしい型を針で切り抜く飴の屋台!観光の次いでにトライして見ては? こちら昔懐かしい型を針で切り抜く飴の屋台!観光の次いでにトライして見ては?
こちら昔懐かしい型を針で切り抜く飴の屋台!観光の次いでにトライして見ては? こちら昔懐かしい型を針で切り抜く飴の屋台!観光の次いでにトライして見ては?

こちら昔懐かしい型を針で切り抜く飴の屋台!観光の次いでにトライして見ては?

釜山らしいお土産屋さんもあり~!


観光名所らしく釜山らしいお土産を販売しているお店もちらほら!甘川洞文化村の代名詞ともいえる景色を映したエコバックやハンカチなど、お土産にもオススメですよね!また、釜山の海を表現したキャンドルショップなどもあるので、釜山らしいお土産を購入したい方はこちらでゲットするのもオススメ。

写真スポットもいくつかあります!


甘川洞文化村らしい景色は何といっても、カラフルな家がずらりと傾斜に並ぶ図。こちらをきれいに撮れるポイントもいくつかあります。南浦洞方面に向かうバス停の裏手の坂道から撮影すると希望の絵柄が撮れますよ!


こちらの写真は、一番奥側の通りに行くと見える海と甘川洞文化村の景色!海がとてもきれいな背景となり、より釜山らしい景色を取れる場所ですね~!



いかがだったでしょうか?甘川洞文化村に行くことだけではなく、そこで1日中何かをして楽しみながら刊行すると、坂道、階段が大変じゃなく感じることができるかもしれません!お店も増えて、休んだりするカフェも増えてきたので、子連れの観光客もたくさんいましたよ~!これから、季節も気持ちよい観光日和の釜山。こんな時期に、ゆっくりと景色をたのしみながら、歩いて甘川洞文化村を観光してみてはいかがでしょうか?以上、プサンナビがお伝えしました。


上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-09-20

ページTOPへ▲

その他の記事を見る