スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

みえぽんの158回目韓国旅行 チムジルバン泊の釜山・慶州2泊3日旅で祇林寺~骨窟寺~仏国寺~梵魚寺へ (2017/1/7~9)

あと3ヶ所を残すまでとなった韓国33観音聖地のお寺巡り、今回は慶州の祇林寺へ。今回も大好きなお気に入りのチムジルバンで宿泊!

韓国33観音聖地のお寺巡りをしています。
これまで30ヶ所を訪問し、双磎寺、祇林寺、法興寺のあと3ヶ所を残すまでとなりました。
33ヶ所まで残り3ヶ所、2017年1月、2月、3月で行ってしまおうと決めました。
今回は釜山に行くので、慶州の祇林寺を訪れてきました。
チムジルバン・スッカマが大好き。
今回も大好きなお気に入りのチムジルバンで宿泊しました。

<1日目:2017/1/7(土)>

エア釜山利用で成田空港第1ターミナルにやって来ました。
成田13:55発BX111便で釜山へ。
窓側の席で離陸してしばらくすると両国国技館や皇居、東京ドーム、富士山などが見えました。
釜山金海国際空港に到着。
仁川は大きい空港で入国審査に時間がかかるけど、釜山は就航路線が少ないので空港に到着したらすぐに出られるのがいいところ。
預けた荷物もなく、入国してすぐに到着ロビーに出て、軽電鉄乗り場に向かいました。
早速ご飯を食べに行きましょう。韓国第1食目は大好きなサムギョプサル。
軽電鉄空港駅から沙上駅方面に乗車し、西面へ向かいました。
西面のサムギョプサル店はほとんどがどこも注文は3人前からです。
以前に、1人で2人前を注文して食べたことのあるお店に行ったら、いつから3人前になったのか、2人前はアンデヨと入店を断られたこともあります。
チェーン店のパルセクサムギョプサルなら何度も1人で2人前を食べているし、ここなら大丈夫だろうと行ってみたら、お店がつぶれてなくなっていました。ショック。
すぐ近くにあるセマウルシクタンも注文は3人前からだけど、1人前の量が少ないしハズレってことはないから、セマウルシクタンに行ってみると店内真っ暗で店員もいない。
もうすぐ18時なのに、この時間にお店が開いてないってことは、もしかしてここもつぶれた?
今晩は絶対サムギョプサルを食べると決めている。早く食べたい、サムギョプサル。
セマウルシクタンの隣にあった、nice two Meat Uというお店に入りました。
国内産熟成生サムギョプサル、国内産熟成生モクサルともに6500WONと安いです。
各1人前注文すると、やはりここでも注文は3人前~だと言われたので、サムギョプサル1人前、モクサル2人前を注文しました。
お肉は店員さんが焼いてくれます。
途中、お肉の上におもしをのせます。タリミ(アイロン)と書いていたのはこのことですね。美味しくいただきました。
食後のデザートはソルビンのピンスのつもりでしたが、せっかく西面にいるのでBEANS BINSのワッフルを食べることに。
チーズストロベリーワッフルとアメリカーノでしばらく休憩しました。
その後、ショッピングタイム。西面の地下街をぶらぶらと見て回ります。
数年前から韓国のO.S.Tの腕時計を使っています。
ロウプライスでデザインもかわいいのでいくつか持っています。
29900WON(約3千円)、39900WON(約4千円)、49900WON(約5千円)・・・等ありますが、一番安いものでもこの値段に見えないかわいいのがたくさんあります。
どれもかわいくて1つになんて絞れず選ぶのにすごく迷いましたが、結局2個購入しました。。
セーターやスカートなども購入。すべて2万WON以下で購入しました。
そろそろ、今夜の寝床のチムジルバンに移動しましょう。
西面から1時間程かけて移動します。
沙上から軽電鉄に乗り換え。軽電鉄で30分程乗り、首露王陵駅で下車。首露王陵駅からバスに30分程乗り、チムジルバンに到着。
2週間前初めて行って気に入った、瀑布水サウナチムジルバン。
4階にはチャムスッカマもあります。
チャムスッカマの前にもごろ寝できるスペースがあり、ここで寝ました。

<2日目:2017/1/8(日)>

今日の予定は、釜山からバスで慶州へ移動。
祇林寺→骨窟寺→仏国寺・石窟庵→良洞民俗マウルに行く予定です。
祇林寺と良洞民俗マウルは初めての訪問です。全部行けるかなあ。
釜山西部バスターミナルから慶州行き7:30始発のバスに乗るつもりで、チムジルバンを6時過ぎに退館。外はまだ真っ暗です。
チムジルバンからバスターミナルまで約1時間かかります。
バスが来るのをしばらく待ったので、沙上のバスターミナルに到着したのが7:30を過ぎてしまい、7:30の始発バスに乗ることが出来ませんでした。
慶州行きは始発の7:30から最終19:30まで、毎時30分に1時間おきにあります。
8:30発のバスで慶州に行きます。
昨日、西面地下街でセーターなどを買い荷物が増えたので、荷物はコインロッカーに預けました。
釜山西部バスターミナルを8:30に出発したバスは約1時間後、9:30頃に慶州市外バスターミナルに到着。
まずは韓国33観音聖地の第22番祇林寺へ向かいます。世界遺産の仏国寺の東部にあります。
祇林寺へは100番、150番のバスに乗って行けます。
約40分後に安洞、祇林寺、骨窟寺入口に到着。
バス停から約4kmの道のりを祇林寺に向かい歩いて行きます。1時間ほどかかりそう。
15分程で骨窟寺に。2014年9月に一度来たことがあります。
先に道を進み、祇林寺に行ってからその後に骨窟寺を訪問します。
祇林寺まで3.4kmとあります。
バス停留所から歩き始めて30分経過。何もない車道をひたすら歩き続けますが、雨が降って来ました。
雨が降るとは思わなかったので、折りたたみ傘はコインロッカーに置いてきてしまいました。大判ストールを頭からかぶって雨除けに使います。
初めは小雨程度でしたがそのうち少し強くなり、傘がないと数10分歩き続けるにはつらくなってきました。
雨も降っているし、人っ子一人いない車道を歩いている私を誰か拾ってくれる人はいませんか。誰か車を停めて私を乗せてください。と願うも、時折通る車は無情にも私を抜かし走り去って行きます。
バス停留所から歩き始めて40分、とうとう1台のトラックが停まってくれました。
「どこまで行くのですか?」とアジョシ。「キリムサヨ」と答えると、アジョショが「乗りなさい」と言ってくれました。
アジョシはこのトンネに住んでいるそうで、家に戻るところだそうです。
車に乗って5分後に祇林寺に到着。
このトンネに住む人は拝観料が要らないからと券売所を通り過ぎて(受付の人とアジョシは顔見知りでした)、一柱門の前まで車で送ってくれました。
アジョシ、カムサハムニダ~。
車停まって~、誰か乗せて~と思いながら歩き続けていたので、5分間だけでも車に乗ることが出来てうれしかったです。
小雨はまだ降り続けています。
頭からかぶって雨除けに使っているストール、パタパタとはたくと水が落ちます。
雨宿りで境内にあるお茶屋さんで休みます。梅酢の飲料を飲みました。
雨も小降りになったので、次は骨窟寺へ向かいます。
来た時は、このトンネに住むアジョシの車で送ってもらい、券売所を車にのったまま通過(このトンネの住人は拝観料なしで入れます)。
訪れた韓国33観音聖地の拝観券は記念においているので、拝観料を払いました。
アジョシによると、1日4本バスはあると言っていました。
券売所の係員に、バスの時間を尋ねると13:10に来ると言います。
まだ20分もあるし、待ってられないわと次の訪問地骨窟寺に向かい歩き始めました。
祇林寺を35分後に、骨窟寺に到着。
その間、一度もバスとすれ違いませんでした。バスを待たず歩いて来てよかった。
骨窟寺は6世紀頃インドから来た聖人の一行が自国の寺院様式を踏まえて建てたお寺だそうです。
韓国では唯一の石窟寺院で、新羅時代から僧侶の間に護国武術として受け継がれた秘伝武術の禅武道の総本山。大寂光殿の前で禅武道の公演が15:30~あります。
石灰岩に彫られた磨崖如来座像まで行くには、急な階段を上って行きます。
ロープをつたう狭い通路や穴をくぐり、まるで迷路みたいです。
磨崖如来座像は雨風から守る為にガラスで覆われています。
骨窟寺の次の訪問地は仏国寺。
途中、エクスポ公園でバスを下り、700番か10番のバスに乗り換えないといけないのに車内寝てしまい、目覚めた時はもうとっくにエクスポ公園を通り過ぎ、慶州駅付近。
結局、市外バスターミナルまで戻って来てしまいました。居眠りしたがため、1時間の時間のロス。
すぐに仏国寺行きの11番バスが来たので乗車しました。
世界遺産の仏国寺はもう5回目の訪問。数年ぶりにお邪魔します。
階段や多宝塔、釈迦塔などが国宝に指定されています。
せっかく慶州に来たからと、数年ぶりに仏国寺を訪問しましたが、やっぱりここは外せない。
骨窟寺からバスで移動中、車内で寝てしまい乗り換え停留所を通り越しバスターミナルまで来てしまったので、もう仏国寺には行かずに釜山に戻ろうかと思ったけど、やっぱり来てよかったです。
もう時刻は17:30を過ぎています。
今日は、祇林寺~骨窟寺~仏国寺・石窟庵~良洞民俗マウルに行く予定でした。
慶州行き始発バスに乗れなかった、祇林寺でお茶を飲んで雨宿りをした、バス車内で居眠りした、というか時間的に無理があり、石窟庵と良洞民俗マウルには行くことはできませんでした。
とりあえず行ける所は行くと観光重視であったため、朝から何も食べていません。
バスに乗る前に食事してから帰ることに。18時にして今日初めての食事。
鍋かトッカルビを食べたいけど2人前~注文可能。スンドゥブ定食を食べました。
仏国寺からバスに乗車し、慶州市外バスターミナルに戻って来ました。
18:40発の釜山西部バスターミナル行きバスで釜山に戻ります。
まだ30分ほどあるのでバスターミナル内のEDIYA COFFEEでホットチョコを飲んで休憩。
約1時間後、釜山西部バスターミナルに到着。
バスターミナル近くのソルビンに一番好きなプレミアム生タルギソルビンを食べに来ました。
が、注文したら、もう苺をきらしてしまったのか、苺の製品はできないって。
それなら、これから南浦洞に行くので、南浦洞のソルビンに行こう。
地下鉄に乗ろうと隣のOUTLETの建物の中に入って行ったら、SALE中のthe SAEMの店舗がありました。
SALE中で元元3万WONの商品が60%OFFで1万2千WONになっているお得な商品があり、化粧水・乳液・美容液を購入しました。
南浦洞へやって来ました。イルミネーションが綺麗です。
18時頃に仏国寺の近くの食堂でスンドゥブ定食を食べましたが、量も少なかったし刺激もなかったので物足りず、石鍋定食を食べました。
食後のデザートはソルビンのピンス。
沙上のソルビンでは苺をきらしていて食べられなかったプレミアム生タルギソルビンを食べに来ました。
22:05に注文しましたが、お店は22:30まで。20分で食べて出ました。
ソルビンの中で一番大好きなプレミアム生タルギソルビンで食べるのを楽しみにしていましたが、ここの店舗の生クリームはちょっと残念でした。
BIFF広場でホットクも食べました。
今夜の寝床は、松島海水ピアチムジルバンです。

<3日目:2017/1/9(月)>

6時に目覚ましを合わせて7時にチムジルバンを退館するつもりだったのに、朝起き苦手、起きられない。
寝ることを選び、結局起きたのは予定より2時間遅れの8時。
今日の帰国便は15:30発。
南浦洞のソムジンガンでしじみスープの朝食→梵魚寺拝観→沙上で昼食&スイーツ→e-MARTとHOMEPLUSで買い物→空港へ移動の予定でした。
梵魚寺には行きたいので、まず朝食は抜きになりました。
南洞駅から地下鉄に梵魚寺駅まで乗車しますが、セーター、化粧品などを購入して荷物がかさばり重いので、西面駅で一旦下車してコインロッカーに荷物を預け、身軽になって梵魚寺に向かいました。
梵魚寺駅からは梵魚寺行きの90番バスに乗り換えです。
10分程待ってバスが来ました。梵魚寺までバスで15分程です。
バスを下りて、一柱門方向へ道を進みます。
梵魚寺駅には18年前に初めて来ました。
初めて来た時のこと、駅で梵魚寺の行き方を訊いた人にお寺まで車で送ってもらったという記憶があるだけで、見たものとかほとんど覚えていませんでした。
拝観を終え駅に戻って来ました。
バス停から駅に行くまでの道にあったスンドゥブのお店でお昼を食べました。
メットルスンドゥブチゲを注文。
バンチャンはどれもおいしく、焼魚が付いているのがうれしい。
グツグツ煮えたスンドゥブチゲも美味しかったです。
梵魚寺駅から地下鉄に乗り、沙上へ向かいます。
途中、西面駅で下りて、コインロッカーに預けた荷物を取り出しました。
沙上駅から5~10分ほど歩きマートにやって来ました。
e-martとHOMEPLUSが並んであり、時間があるので両方行きました。
買い物を終え、HOMEPLUSの真ん前の掛法ルネシテ駅から軽電鉄に乗車、空港へ向かいます。
来る時はリュックと手提げ鞄だけでしたが、帰りは鞄が3つになりました。
2駅乗って空港駅に到着。2駅なので乗車時間は数分です。
フライト時間のちょうど90分前にチェックインカウンターに到着しました。
並んでいなくてすいていたのですぐに手続き終了。
搭乗待ちの間、7-11でアイスを買って食べました。
ダンキンドーナツでドーナツも購入。
15:35発BX114便で成田に向かいます。
使用機材の到着遅れとかで出発が30分ほど遅延しました。
15:35発なのに、搭乗したのが15:35頃。
成田空港を離着陸する航空機を眺めることができる展望台十余三東雲の丘近くの滑走路から着陸したので、着陸してから第1ターミナルのはずれにある駐機場に行くまで、結構移動しました。
韓国33観音聖地の第22番祇林寺をはじめ、慶州と釜山でお寺を旅してきました。
結願まであと2ヶ所です。
みえぽんの158回目韓国旅行終了です。

◆◇◆ みえぽんさんのブログ(外部サイト)はこちら ◆◇◆

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-02-24

ページTOPへ▲

その他の記事を見る