慶州日帰り観光1日ツアー【釜山/新慶州駅発着】

閉店・移転、情報の修正などの報告

釜山からの日帰りはもちろん、ソウルからの日帰り旅行も可能。世界遺産にも指定されている『新羅千年の古都』慶州を存分に観光します!

こんにちは、プサンナビです。釜山に訪れたついでに足を延ばしてみたいと思える場所は、新羅の古都、慶州(キョンジュ)ではないでしょうか。世界遺産に数えられる観光地や新羅千年の歴史を肌で感じられるスポットが数多く点在していて見ごたえ十分。でも、意外に主要観光地間は離れていて、公共交通を使うと時間が沢山かかってしまいます。そこで慶州のここだけは押さえて!というポイントにギュッと絞ったのがこちらのツアー。日帰りで慶州の主要スポットをすべて網羅できてしまいます。

また釜山発着だけじゃなく、新慶州駅発着も可能なので、ソウルから早朝にKTXに乗って参加すれば、ツアースケジュールが終わってKTXでソウルに戻れば、ソウルからの日帰り旅行も可能です。もちろん、釜山発、慶州着、慶州発、釜山着のようなカスタマイズもできます。

◇希望のピックアップ場所に集合してガイドさんと合流!◇

集合場所は釜山駅(東横イン釜山駅1ホテルフロント前)、西面駅(ロッテホテルフロント前)、新慶州駅(新慶州駅1階観光案内センター前)の3か所。決められたお時間までに、お客様自らこちらまでお越しください。ガイドと合流したら、いよいよツアー出発!

◇ツアーコースはこちら!◇

08:30 東横イン釜山駅1ホテルフロント前でピックアップ
08:55 ロッテホテルフロント前でピックアップ
10:40 新慶州駅1階観光案内センター前でピックアップ
石窟庵(ソックラム)
仏国寺(プルグッサ)
普門観光団地経由(車窓観光)
昼食(サムパッ定食)
瞻星台(チョムソンデ)
鶏林(ケリム)
皇南パン(ファンナムパン)
古墳公園(天馬塚)
新羅王宮映像館(13分間映像鑑賞)•月城
国立慶州博物館(休館日:月池・ウォルチ)
16:30 前後 新慶州駅で解散(慶州発着コース)
18:00 前後ピックアップしたホテル(釜山発着コース)
※ツアースケジュールの順序は変わる場合があります。
※釜山発→新慶州駅着,新慶州駅発→釜山着も出来ますし、この場合新慶州駅発着料金適用

◇さっそくツアーへ出発!◇

■□■石窟庵(ソックラム)■□■
韓国仏教美術を代表する傑作とも言われ、1995年、仏国寺とともにユネスコ世界遺産として登録されました。仏像も素晴らしいけれど、石窟庵から眺める慶州の景色も圧巻!遠く海が見える日もあります。歴史的観光地としてだけではなく、森林浴、ヒーリングスポットとしても注目されています。

■□■仏国寺(ブルグッサ)■□■
世界遺産でもある、韓国で最も有名な寺。新羅全盛期の仏教芸術の傑作とも言われ、慶州の吐含(トハム)山にあります。6つの国宝のほか、統一新羅時代に作られた貴重な文化財がたくさん!仏国寺は528年、仏土(仏様の世界)を現世に再現することを目的に建てられましたが、16世紀末に起きた文禄・慶長の役で大半の建物が焼失してしまったとか。現在の姿は朝鮮時代後期を基本に、1968年の発掘調査を踏まえて1973年に復元されたもの。慶州に来たら誰もが立ち寄る必須観光スポットです!

■□■普門観光団地経由(車窓観光)■□■
慶州観光で多くの人が宿泊するのが慶州のホテル郡とも言われている普門観光団地。慶州の入り口から仏国寺へ向かう通りの途中にあり、人口で作られた大きな湖を中心としてホテルがズラリと立ち並びます。湖の周りを一周する散歩道もあり、春には桜、夏には蓮、秋には紅葉、そして冬には雪と春夏秋冬の美しい景色を眺められるスポットとしてオススメ。こちらは窓から外を眺める車窓観光となります。

■□■昼食(サムパッ定食)■□■
昼食は慶州の名物、サムパッ定食です。テーブルの上にずらりと並んだ料理の数々。これらをサンチュ、エゴマの葉、茹でたキャベツ、コンブなどでごはんと一緒に包んで食べるのがサンパプです。瑞々しい野菜の食感、香ばしい味噌の風味。ごはんがいくらでも食べられちゃいます。サンパプの歴史そのものは非常に古く、文献上は高麗時代までさかのぼるといいます。農業の合間に簡単に食べた料理といわれ、今でも家庭でよく食べられる庶民的な料理です。

■□■瞻星台(チョムソンデ)■□■
慶州には東洋でもっとも古い天文台が現存しています。7世紀につくられた瞻星台(チョムソンデ)は、とっくり型の愛らしい形をした天文台。1962年には国宝第31号にも指定されました。上にゆくに従ってゆるやかな曲線を描く瞻星台は、非常にユニークな形をしていますが、その構造は実に複雑。機能的かつ科学的に作られています。過去1300年以上も人々とともに慶州の夜空を見上げてきた東洋最古の天文台です。

■□■鶏林(ケリム)■□■
王家の誕生伝説にまつわる小さな森を。新羅の王姓でもある慶州金氏のルーツがこの小さな森にあります。

■□■皇南パン(ファンナムパン)■□■
皇南パンとは「こんがり焼かれたやわらかい薄皮に、たっぷりあんこの詰まったお饅頭」。1939年、慶州出身のチェ・ヨンファ氏が代々自分の家で、あんこのおもちを作っていたのを独自に開発し、慶州市皇南洞(ファンナムドン)でパンを作り始めたのが最初だそうです。慶州を代表するスイーツとして知られ、ここで焼き立てを食べる観光が定番になっています。

■□■古墳公園(天馬塚)■□■
大陵苑(テヌンウォン)には約12万5400坪という広大な敷地に23基の古墳が並んでいます。古墳群の規模としては慶州一。黄金の冠や腰帯、装飾品など絢爛豪華な遺物も数多く出土しています。

■□■国立慶州博物館■□■
慶州の観光を語る上で、博物館は絶対に欠かせない場所のひとつです。ここ国立慶州博物館(クンニッキョンジュパンムルグァン)は、古都新羅の絢爛なる文化遺産を現代に保存する目的で設立されました。慶州地域の発掘調査によって出土した多くの文化財を保存展示しています。現在の国立慶州博物館は2万余坪の敷地に約10万点の文化財を所蔵し、そのうちの約2500点を広く一般に公開しています。
※月曜日は休館で、月池(ウォルチ)への代替観光となります。

記事登録日:2022-11-24

ページTOPへ▲

スケジュール

時間 内容 食事
08:30~18:00 石窟庵(ソックラム)→仏国寺(プルグッサ)→普門観光団地経由(車窓観光)→昼食(サムパッ定食)→瞻星台(チョムソンデ)、鶏林(ケリム)→皇南パン(ファンナムパン)→古墳公園(天馬塚)→新羅王宮映像館(13分間映像鑑賞)•月城→国立慶州博物館(休館日:月池・ウォルチ) (※注意事項 ツアースケジュールの順序は変わる場合があります。) 昼食(サムパッ定食)

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2022-11-24

利用日
大人 子供