李相和古宅(大邱)

イサンファコデク이상화고댁

閉店・移転、情報の修正などの報告

日本統治時代の抵抗詩人、李相和(イ・サンファ)が晩年すごした韓屋

photo

混乱の時代を生きた、韓国を代表する民族詩人李相和(イ・サンファ、1901~1943年)が、1939年から没するまでの4年間住んでいた韓屋(ハノク)。ここで詩作に没頭した。1919年の三・一独立運動に呼応して大邱で独立運動を起こし、フランスに行くために東京のアテネ・フランセに通ったという経歴も持つ。古宅横には民族運動家の徐相敦(ソ・サンドン、1851~1913年)の古宅があるので合わせて見ることができる。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-11-19

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供