新羅ミレニアムパーク(慶州)

신라밀레니엄파크

閉店・移転、情報の修正などの報告

古都「慶州」で新羅時代の歴史や文化、公演が体験できちゃうテーマパーク

アンニョンハセヨ、プサンナビです。釜山から1時間ほど北に行くと古都の慶州 があります!屋根のない博物館と例えられるほど様々な新羅時代を彷彿とさせる建造物や古墳などがあり、町全体が歴史を感じられる場所となっています。また、街を抜けて少し行くと、大きな人工池の周りが有名なホテルやコンドミニアムが立ち並ぶ一大リゾートエリアになっていて、国内外を問わず、一年中観光客でにぎわっています。そんなリゾートエリアの普門団地に、新しくテーマパーク「新羅ミレニアムパーク」がオープンしました。新羅時代の建物や文化などを再現したテーマパークになっているこちらでは、昔から伝わる文化体験をはじめ、特殊効果を使った公演や当時の「花朗」と呼ばれたエリートたちの馬術などのショー、そして新羅時代の市民の家屋などを再現した新羅の歴史が感じられるテーマパークになっています。ということで、さっそく、新羅ミレニアムパークへ入ってみましょう!

歴史体験とファンタジー公演を楽しむテーマパーク

冒頭でも触れたように、こちらは慶州の普門団地のリゾート内に位置する大型テーマパーク。レジャータイプのテーマパークとは違い、歴史体験やファンタジー大型公演などを行い、1200年前の新羅時代を肌で感じることができる文芸の村、テーマパークとしてオープンしました。また、テーマパークの横には、新羅時代の建造物を真似て作った高級ホテル「羅宮」もあり、宿泊とセットで楽しめる場所になっています。
<入場料金>
新羅ミレニアムパークの入り口にある料金所で計算して、テーマパークへGO!外国人だとわかると、英語で書かれているテーマパークの地図とテーマパーク内で行われる公演時間が記載されているものがもらえるので、スケジュールなどにあわせて、テーマパークを見て回って下さいね!
成人満18歳以上:終日利用券 18,000W/夜間利用券 9.000W
青少年満17以下 :終日利用券 13,000W/夜間利用券 7,000W
子供小学生以下:終日利用券  11,000W /夜間利用券 6,000W
<2012.5.18更新>

※新羅ミレニアムパークの観覧時間は約3~4時間、テーマパーク内で行われる公演は1回約30分所要。
また、入り口から入ってすぐ左側にある総合案内所にはロッカーなどがあり、ベビーカーの無料レンタルも行っていて、気軽に利用することができます

テーマは大きく分けて5つ

テーマパーク内を大きく分けると5つのテーマから成り立っています。歴史を感じられるアトラクションメイン公演、様々な文化体験ができる文化体験村、1000年前の新羅時代の家屋が再現されている村、新羅時代のエリートとして活躍した花郎の武術・馬術公演、そして新羅時代にタイムスリップさせてくれる、松林道や洞窟や池などを再現したアトラクションになっています。
・メインアトラクション公演
地上部隊300坪、水上舞台600坪の膨大なスケールで1500名の観客が観覧できる大型の公演場で行われます。昼間と夜では、行われている公演が違い、昼間は「天櫃の秘密」と称した新羅時代の花郎だったミシランが唐の口を打ち破るスタントショー。夜間は、「女王の涙」という新羅の姫と百済の王様の儚い恋を描いたロマンチックなショーになっています。
・文化体験村
伝統工芸品の作っている過程を直接見学できたり、自分で直接体験することができるエリアが文化体験村です。お面や冠などを作る工房、陶器工房、ガラス工房、コチュジャン(唐辛子味噌)手作り工房などなど様々な工房があります。また、ほかにも人形劇場や影絵劇場といったものもあり、お子さん連れでも楽しむことができるようになっています。
・1000年前の新羅家屋
新羅時代の建築物を再現した村がこちら。新羅時代の村の大きさと同じように、140m×140mの村を国立慶州博物館をもとに再現し、当時の身分構成の中で5つの身分の家を紹介しています。
・花郎公演
新羅時代のエリート「花郎」の武術・馬術訓練を再現したショー。
・新羅を再現したアトラクション
テーマパーク内を歩いて回ると、様々なオブジェやアトラクションがあります。新羅を感じるアトラクションになっていますよ。
お土産ショップとレストラン
一日中遊べる施設ということで、テーマパーク内にはレストランやコンビニエンスストア、大土産屋さんがあります。
いかがだったでしょうか?慶州で新羅の歴史を十分に感じたい!というアナタ!仏国寺 なども国宝を見た後は、新羅を体で体験できる新羅ミレニアムパークにいってみてくださいね!以上、プサンナビがお送りしました。

記事登録日:2008-04-14

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ブルーミン

  • photo

    ブルーミン

  • photo

    ブルーミン

  • photo

    りんご味

  • photo

    りんご味

  • photo

    teshim

  • photo

    teshim

  • photo

    teshim

  • photo

    teshim

  • photo

    navi116122

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-04-14

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供