ベニキア ホテル ポハン

ベニキアホテル浦項 / ベニキアホテルポハンBenikea Hotel Pohang베니키아호텔포항

閉店・移転、情報の修正などの報告

浦項への旅ならココ!市内の繁華街から、POSCO工場からも近い外国人が多く利用する新しいビジネスホテル!!

こんにちは、ナビです。釜山から北へ2時間のところにあり、韓国の製鉄業の中心でもある浦項(ポハン)は、新日鉄とも提携している浦項製鉄(POSCO)があるだけに、年間を通じて日本からも多くの出張者が訪れる街として知られています。今日はそんな浦項にあり、外国人宿泊客が90%を占めるビジネスマン向けのリーズナブルなホテル「ベニキアホテル浦項(旧ラマダアンコル浦項ホテル)」をご紹介したいと思います。
浦項の中心からもPOSCO工場からも近い!
冒頭でも触れましたが、浦項は新日鉄と提携している韓国屈指の製鉄企業POSCOがある街と知られ、多くの外国人出張者が行きかう町。そのため市内には多くのビジネスホテルがあります。その中でも今日ご紹介する「ベニキアホテル浦項」は2005年にできたばかりの新しいホテル。お部屋、施設をとっても清潔で、また立地面でも浦項の繁華街からタクシーで5分、徒歩でも20分以内、そしてPOSCO工場までもタクシーで5分とかなり便利な場所にあります。
また、宿泊者の90%が外国人ビジネスマンが利用するホテルということで、ホテルのサービスもビジネスマン向けになっているのがポイント。仕事を行く前に欠かせない朝食は宿泊者全員にサービスで提供されたり、ホテル3階にはランドリールームを設け、好きなだけ洗濯機を使えるようにしてあったり、日本の新聞や雑誌はもちろん英字新聞もそろっていたりと、宿泊者が気持ち良く仕事ができるようホテル全体でサポート。またホテルスタッフのほとんどの方は英語はもちろん、日本語もOKだそうです!

<ホテル・フロア別案内>

2~7階 客室、ランドリールーム(3階)
1階 フロント、カフェテリア、会議室、ビジネスセンター

<ホテル客室案内>

客室は全部で90室。ダブルとツインのお部屋からなり、また2005年にできたばかりなので、どこをとっても真新しくなっています。それでは、さっそくお部屋をのぞいて見ましょう?。

ダブルルーム
単身のビジネスマンに一番使いやすいお部屋がここダブルルーム。

ツインルーム

バスルーム
ツインもダブルも同じようなバスルームになっています。

ルームアメニティ
シャンプーやタオル、石鹸といった基本的なものがそろっています。冷蔵庫の中にあるミネラルウォーターや机の下にあるお茶やコーヒーは無料サービスになっています。お部屋は個別の空調システムが取り入れてあり、また部屋内ではネットを自由にできるようLAN線も完備。

<ホテル内施設紹介>

カフェテリア(1階・7:00~23:00)
朝食の無料ビュッフェはこちらでいただくことができます。

ビジネスセンター(1階・24時間)
日本語にも対応し、24時間無料でインターネットの使えるPCやプリンタがあります。

会議室(1階・24時間)
15名ほどが会議できる場所が1階のカフェテリア横にあります。

ランドリールーム(3階・24時間)
日本語表記もしてあるので簡単に操作ができます。

ホテル周辺

徒歩で気軽に繁華街へ、というわけにはいきませんが、大きなメイン通りの前に位置しているだけに周辺には食事ができる場所やコンビニがあり、大変便利。また浦項の繁華街へはタクシーで5分ほどで行くことができます。

釜山から浦項へ

釜山から浦項へは、道路状況にもよりますが車で約2時間。出張で来られるは金海国際空港から模範タクシーに乗って来られる方も多いそうです(約2時間、80,000ウォン前後)。また経済的に移動するなら、老圃洞(ノポドン)の総合バスターミナルから市外バスに乗って約1時間45分(7000ウォン)。浦項の市外バスターミナルからホテルまではタクシーに乗って約15分(3000ウォン前後)です。
こちらのホテル、浦項への出張の際に気軽に利用できるホテルではないでしょうか?ホテルのスタッフとも日本語で気軽に会話ができるだけに、安心してビジネスにも集中できるかも。以上、プサンナビがお送りしました。

記事登録日:2006-11-28

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-11-28

スポット更新日:2019-04-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供