スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

10/12-21、第22回釜山国際映画祭

ワールドプレミア作品99作品を含む75か国から300作品が招待される第22回映画祭は10/12スタート!

こんにちは、プサンナビです。朝晩が冷え込んできたなぁ~と感じる時期になると、映画の街へと変化する釜山!そう、今年(2017年)も釜山最大の国際的イベント、釜山国際映画祭がやってきます!今年は10月12日から21日までの10日間、センタムシティの専用劇場「映画の殿堂」を中心に、世界各国から招待された映画作品が上映されます。第22回目となる今年は、75か国から300作品が招待され、中でも注目は世界で初公開となるワールドプレミア99作品に、韓国で初公開となるインターナショナルプレミアの31作品と開幕前から映画ファンからの期待が高まっています。世界に先駆けて新しい作品がたくさん見られるのは、まさに映画祭の醍醐味!また映画祭の花形でもある開幕式の司会者に選ばれたのチャン・ドンゴンとキム・ハヌル!ということで、第22回釜山国際映画祭(プサンクッチェヨンファジェ)の詳細をご紹介していきましょう~。

メイン会場はセンタムシティーの映画の殿堂


第22回釜山国際映画祭のメイン会場は、釜山の名所の1つとなって久しい「映画の殿堂」。開閉幕式はもちろん、映画祭期間中の主要イベントなどもこちらで行われます。

●期間: 2017年10月12日(木)~10月21日(土) 10日間
●ホームページ: http://www.biff.kr/
●招待作品: 世界75か国 300作品
●上映映画館: 5映画館 32スクリーン

開幕作品&閉幕作品


■開幕作品

「Glass Garden/ ユリジョンウォン 」
韓国題名「유리정 」
製作国(地域): 韓国
製作年度: 2017年
上映時間: 117分

●作品紹介
植物に似ている女がいる。足に障害を持つこの女は、目立たないように気を付けて生活しながら生きている。しかし、世論は静かに生活するこの女を気にし始める。捨てられ傷ついたこの女は、森の中の空間に隠れていく・・・。この映画は女性の愛と痛みを幻想と現実の間で起こる出来事を独特なスタイルで表現する映画。

監督紹介:SHIN Suwon/シン・スウォン
キャスト: ムン・グニョン、キム・テフン他



■開幕作品

「Love Education/ サンエサンチン 」
韓国題名「상애상 」
製作国(地域): 中国/台湾
製作年度: 2017年
上映時間: 120分

●作品紹介
終焉を迎えている老人の幸せだった瞬間を思う浮かべる。娘は故郷の村にあるお父さんのお墓を映して、お母さんと一緒にお墓を作ってあげようと思うが、故郷にいるお父さんの第一夫人が反対をする。その出来事が村全体に広がり、、、。

監督紹介:Sylvia CHANG/シルビア・チャン
キャスト: Sylvia CHANG, Yue-Ting LANG 他
<08>
※作品イメージカットは釜山国際映画祭のHPからのものです。


映画祭の会場はここ!


釜山市内にあるいくつかの映画館が会場となります。メインはセンタムシティーですが、会場5つすべて海雲台エリアにあります。5つの映画館、32スクリーンでの開催。
センタムシティー: 映画の殿堂、ロッテシネマセンタムシティー、CGVセンタムシティー、東西大学小響シアター
海雲台: メガバックス海雲台
.

チケット詳細



今年は、BIFF(釜山国際映画祭)の専用サイトから事前予約をして購入します。
英語表記のサイトはこちら→
http://www.biff.kr/structure/eng/default.asp
ページに入ると上写真のような画面が出てきますが、右側の一番上に「Ticket」と書かれたところがあります。チケット購入開始日にクリックしください。ちなみに開始日以前はクリックできません。

■チケット予約日程
開閉幕式のチケット:2017年9月26日(火) 18:00開始(インターネットのみの予約受付)
一般チケット:2017年9月28日(木) 14:00開始(インターネット、釜山銀行全支店)

※決済の手段はインターネットはクレジットカードなど、また釜山銀行での購入の場合には現金、口座振り込みの方法で行われます。
■チケット販売所

場所(運営期間/運営時間)
映画の殿堂 BIFFヒル 野外( 9/26-10/21 / 8:30-20:00)
映画の殿堂 シネマウンテン 6階( 10/13-10/21 / 8:30-20:30)
映画の殿堂 BIFFヒル 1階( 10/13-10/21/8:30-20:00)
メガバックス海雲台 8階(10/13-10/20/8:30-20:30)
小響シアターセンタムシティー 1階(10/13-10/20/8:30-20:30)
ロッテシネマセンタムシティー 8階(10/13-10/20/8:30-20:30)
CGVセンタムシティー 7階(10/13-10/20/8:30-20:30)
釜山銀行全国全支店(9/28-10/21/9:00-16:00)

■チケットの種類と料金
開閉幕式 20,000ウォン
一般上映 6,000ウォン
3D&4DX上映 8,000ウォン
ミッドナイトペッション 10,000ウォン(1日に3作品見られる深夜上映チケット)


■取り消し、払い戻し、及び注意事項
・インターネットで予約されたチケットは、BIFFチケット売り場や釜山銀行で発券できます。発券の際は予約番号が必ず必要となるので、予約の際に番号を控えておいてください。
・チケットをなくしたり、破いたりした場合は再発行はできません。
・映画祭の開幕前日まで、キャンセルは手数料はかかりません。予約をした場所でのみキャンセルが可能です。
・映画祭の期間中、キャンセルは1枚につき1000ウォンの手数料がかかります。予約をした場所でのみキャンセルが可能。ただし、発券後のキャンセルはBIFFチケット販売所のみキャンセルと払い戻しが可能になります。
・映画上映の当日のチケットはキャンセル、払い戻しができません。チケット交換ブースなどに寄付してください。
・お困りの際はBIFFコールセンターへご連絡ください。英語での対応が可能です。
(1666-9177) 9/12-10/21まで対応。


いかがでしたか?秋がやってくると釜山市も釜山市民もいつも以上に気合が入る釜山国際映画祭がやってきます!秋夕の連休が終わったら、釜山映画祭の開幕まですぐ!この時期、釜山旅行をされる方は是非映画祭をのぞいてみてくださいね。いつもとかなり違った釜山の姿が見ることができ、映画の町・釜山を思う存分感じることができるはず!世界中で監督や俳優がやってくる釜山にはあちこちでイベントが行われ、有名な監督や俳優と出会える確率も高いかも?!以上、プサンナビがお送りしました。


その他情報

※一部情報を修正しました。<2017.09.29>

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-09-22

ページTOPへ▲

その他の記事を見る