スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

釜山に行くなら必ず訪れたい、5つの観光スポット!

ここだけは押させておきたい、釜山の観光スポット!


こんにちは、プサンナビです。釜山は初めてだけど、どこが一番オススメなの?どこに行っていいの?時間がないから効率的にポイントだけおさえたい!そんなお悩みの皆さん!今日は釜山を初めて訪れるビギナーのために、釜山でオススメの観光スポットをナビが選んでみました!これからご紹介する5つの観光地、是非チェックしてくださいね!

釜山限定、5つのオススメ観光スポット!

◎釜山タワー&龍頭山公園
~釜山市内を一望できる釜山タワー!。釜山の観光のスタートはココから!~

1973年に建設され、龍頭山公園のシンボルとして市民に愛されている釜山タワー。地上120mの高さから眺める景色は絶景で、南は釜山港、東にはロッテホテル、北は民主公園、西には影島と東西南北の釜山の景色が楽しめ、釜山市内を一望できる最高のスポット。実はタワーだけではなく、タワーのある龍頭山公園を中心とした場所は以前、日本人が多く住んでいたと言われているところ。江戸時代の1678年に開館されたとされる草梁倭館が今の釜山タワー辺りにあり、当時周辺には約500人以上の日本人が移住して貿易や外交を行い、公園周辺はまるで日本人村だったという歴史的背景もあるんです。釜山に来て一番最初に足を運びたい観光地!

◎国際市場&富平市場
~釜山のショッピングはココで決まり!お土産からローカル色強い地元雰囲気まで!~

釜山の観光&ショッピングイコール国際市場!と言われるほど観光客が必ず立ち寄る観光スポット。観光というよりもグルメもショッピングが楽しめる場所で、ただ歩いているだけでも釜山の雰囲気が感じられ、楽しい場所。国際市場が姿を現したのは1945年の韓国独立当時。この地に住んでいた日本人が立ち去る際に戦時統制物資を売り始め、ただの空き地であった場所に自然発生的に常設市場が生まれたんだそう。今では約650軒の業者が入り、寝具、厨房用品をはじめとした生活用品、韓国伝統衣装、カバン、メガネなど様々なものが安く買える、釜山で一番名の知れた市場となっています。また、その国際市場のすぐお隣りには、最近めきめきとその人気が上昇中の富平市場があります。こちらは国際市場とは違い、地元釜山の人がお買い物する在来市場。こちらのローカルな雰囲気と観光色の強い国際市場をセットで楽しむのがナビのオススメです。

◎海雲台ビーチ
~韓国一有名な弓型のビーチは韓国の若者にも大人気スポット~

海に囲まれた海洋都市の釜山だからこそ是非訪れたい場所、海雲台ビーチ。韓国でもリゾート地としてその名は有名で、ビーチ沿いにはホテルがずらりと並んでいます。1.8km続く弓なりのビーチラインがとても美しく、韓国八景に数えられるほどの景勝地。水深は浅く、潮の満ち干気の変化も激しくないことから、海水浴するのにも条件の良いビーチです。子連れ旅行の際にもオススメのスポット!夏の海水浴だけではなく1年を通して、景色を楽しめます。釜山の海を感じたいならココ海雲台ビーチを是非訪れてみてくださいね!

◎チャガルチ市場
~釜山の海の幸を思う存分楽しめる・釜山最大の海鮮市場・チャガルチ市場~

海洋都市、釜山の代表的なグルメといえばやはり海の幸!その釜山の海の幸が釜山中から集まるのが釜山最大の海鮮市場、チャガルチ市場。その歴史は道端などで釜山の魚介類が販売されていたことから始まり、1970年10月地上3階建てのチャガルチ市場として、韓国国内全体の水産物を扱う水産物専門市場として登録されるほどに。2006年に現在の現代的な建物に建て替えられ、現在は国内だけでなく国際的に釜山を代表する観光地として発展を遂げました。業者の仕入れ卸し売りのみの専門市場としてだけではなく、観光客も訪れ海の幸を味わえる市場として人気を博しています。

◎新世界センタムシティー&映画の殿堂
~釜山でもっともホット&近代的なエリアでオシャレな釜山を体験~

ここ数年、釜山のホットプレイスとして知られ始めたセンタムシティーエリア。ここのランドマーク的存在なのが、売り場面積が世界一としてギネスにも登録された新世界センタムシティー。デパートだけではなく、チムヂルバンスパや本屋、スケート場、マート、映画館など、何日いても飽きないエンターテイメントビルとして人気!そのすぐ後ろには、釜山が映画の街となった釜山国際映画祭の専用劇場「映画の殿堂」があります。世界でも類の見ない大きな野外スクリーンは外からでも見学することができるので、新世界センタムシティーとセットで観光するのがオススメ。

その他、こんなところがオススメです!
もうちょっと旅行時間に余裕がある、また2回目の釜山ではどこに行けばいい?という方には以下の観光地もオススメ!。

◎太宗台 
~釜山の絶景ビューポイントで自然な釜山を楽しめる~

◎ 梵魚寺 
~禅寺の総本山として知られる釜山きっての歴史を感じられお寺~

◎甘川洞文化村 
~釜山のマチュピチュといわれるアート系路地集落~

◎国立海洋博物館 
~韓国初の国立海洋博物館で韓国の海を詳しく!~

◎ヌリマルAPECハウス 
~APEC開催会議場!ココからの海の景色が最高!~

◎龍宮寺 
~海の絶壁に立つ自然と調和した寺院~

ちょっと釜山から足を運ぶなら?

◎慶州(キョンジュ)
~古都・新羅の歴史を街全体で感じられる歴史的観光地~

古代王朝新羅の王都として栄え、現在も多くの遺跡や文化財が集まる場所として観光客の人気を集める慶州。釜山から近いこともあって、セットで旅行する人も多い街でもあります。仏国寺や石窟庵、また南山地区にある世界遺産も見学でき、市内のあちこちには古墳が残され、現代にいながら歴史の世界へ飛び込んだ気分になれます。
◎金海(キメ)
~伽耶時代の歴史を体験できる釜山から日帰り可能なショートトリップ~

金海は釜山を訪れる人たちが利用する金海国際空港が近くにあり、釜山のベットタウンとしても知られています。またかつて伽耶(カヤ)の国が栄えた場所でもあり、多くの遺跡や古墳が見つかっているところでもあり、釜山市内からも軽電鉄で行き来が可能で、余裕のある日帰りショートトリップも可能!

いかがでしたか?釜山に初めて行くことにしたけれど、どこに行っていいのかわからない!いつもはソウルだけだったけど、今回は釜山へも足を延ばしてみる!なんて方はぜひ上で紹介した観光地を参考にしてまわってみてくださいね!以上、プサンナビがお送りしました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-04-14

ページTOPへ▲

その他の記事を見る