スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


草邑オリニ大公園

チョウムオリニデコンウォン초음어린이대공원

閉店・移転、情報の修正などの報告

西面すぐそば、気楽に行ける散歩道

アンニョンハセヨ。プサンナビです。若者が集うにぎやかな街、西面(ソミョン)から少し行った草邑(チョウプ)というところで、気持ちのいい散歩道を見つけました。大きな湖とそのまわりを埋め尽くしている森。ショッピングに疲れた目を、大きな木々を見ながらしばし休めてみてはいかがでしょうか。森林浴で気持ちもリフレッシュ。運動靴の紐を結び直し、草邑オリニ大公園に向かいましょう。
草邑オリニ大公園とは
この公園の歴史は、その昔、ソンジ(聖知)という風水師が全国の名山を訪ね歩いたとき、慶尚道(韓国の南東部の地域)で素晴らしい渓谷を見つけ、そこを「ソンジ谷」と命名したことに始まります。ソンジ谷の上流には水量豊かな水源地があり、韓国最初の近代的上水道の役割も果たしたといいます。1972年洛東江(慶尚道を流れる長く水量豊富な川)の上水道工事が完成したことで、ソンジ谷の上水道もその役割を終えましたが、1979年「国際児童年」を迎えオリニ大公園として生まれかわりました。ソンジ谷の水源地は現在、遊園地として利用されています。
オリニ大公園のあれこれ
オリニ大公園は地下鉄1号線の西面駅で下車。13番出口から出て、81番、103番など草邑に行くすべてのバスを利用できます。オリニ大公園という停留所で降りると、道路の正面に公園が見えます。公園前の交差点は車が交差点中央の円形花壇を回り、自分の行きたい方向の道路に抜けていくというヨーロッパ式のロータリー。釜山の他地域では見ることのできない珍しい光景です。
入口の左側には観光案内所があり、10mほど歩くとソンジ谷の水源地を記念した碑があります。その横にはチャンスンと呼ばれる木製の像がたっています。「天下大将軍」「地下女将軍」と書かれたチャンスンは、かつて村を区分する境界線や一里塚として使われていました。現在でもオリニ大公園
や影島(ヨンド)にある絶影(チョリョン)散策路、韓国の大型食堂などにもたてられていますが、これらは一里塚としてではなく、むしろ厄除けの意味が大きいようです。
もうすこし歩いてゆくと、地下にプールを備えた「釜山学生教育文化会館」という建物が見えます。もともとは野外にプールがあったのですが、こどもたちが集まって遊べるように広場として作りかえたそうです。広場の右手には小さな野外公演場もあり、みんなで集まって盛り上がるには最適です。
その横には2001年1月にJR山手線の新大久保駅で線路に落ちた男性を助けようとして命を落とした韓国からの留学生、李秀賢さんの記念碑もたてられています。
建物を基点としてオリニ大公園のチケット売り場が並んでいます。ここからは入場券を購入しなければなりません。広場から散歩道に抜ける道の左側にあるチケット売り場でチケットを購入し中に入ります。入ってすぐのところにあるソンジランドからはふたつの道に別れます。右側に行くとオリニ会館(子供が人体の神秘や運動エネルギーについてなど科学的なことを楽しく学べるように建てられた会館)や広場、遊園地にいく散歩道です。オリニ会館には展望台があり、釜山市内を一望できます。
反対に左側の道から行くと動物園の入口があり、水源地から流れる川のそばを通る散歩道として続いていきますが、円形の散歩コースになっているので、左右どちらから行っても水源地の湖と遊園地に出会うことができます。
水源地を散策
ナビは右側の道から散策してみました。10mほど歩くと、オリニ会館に行く上り坂が見え、道の壁面には韓国の伝来童話とアンデルセン童話の絵が描かれていました。
散歩道に沿って森林浴気分を楽しみながら歩いていくと、カップラーメンやオデン、ジュースなどを売る公園の売店があり、またコースにはのどをうるおす水道が設置されています。公園のあちこちには一休みできる休憩所も設けてあります。その休憩所には園頭幕(ウォンドゥマッ)と呼ばれる韓国の伝統的な東屋が多いのが特徴です。
88列車(回転するスピードを楽しむ乗り物)など18種類の乗り物が楽しめる遊園地を過ぎると、今度は山の中央にのぼっていく道と水源地のまわりに続く散歩道に分かれます。この地点にはこどもたちの環境教育に利用される環境広報館もあります。
水源地の散歩道は遊園地から湖へとつながっていきます。樹木のかわりに、大きな湖が視野一面に広がり、さらに歩いていくと2つの短い橋も見えます。橋の下には鴨や魚がエサを待って悠々自適に暮らしています。ソンジ谷の水源地を鑑賞するために新しく造られた広い空き地には椅子が置かれ、これまた格好の休憩所となっています。
水源地の堤防の前で、森の中の散歩道と堤防の橋につながる道へと別れます。ナビは堤防の橋を降りてみました。この日はあいにく雨が降っており、霧もたちこめていましが、霧の中からも、動物園の入口がみえます。どうやらちょうど一周して公園の入り口までもどってきたようです。オリニ大公園は雨の日も、晴れた日も楽しめる散歩道。西面からもすぐなので、ショッピングの合間にちょっと立ち寄ってみるにももってこいの散歩道です。以上、プサンナビがお届けいたしました。
アシカショー時間
平日 13:30 15:00
土曜日 13:30 15:00 16:30
日曜日 12:00 13:10 14:20 15:30 16:40

記事登録日:2002-09-04

ページTOPへ▲

関連タグ: 森林浴

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2002-09-04

スポット更新日:2012-02-01

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供