スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


岩南公園

アンナムコンウォン암남공원

閉店・移転、情報の修正などの報告

太公望集まれ!

アンニョンハセヨ、プサンナビです。今日も公園散歩日和ですねー。新しい場所を求めて旅立つナビは松の群生地の先端にある公園、岩南公園(アンナムコンウォン)にでかけてみようと思います。いったい今日はどんな景色を楽しめるんでしょう?
フェニックスホテル横のスターバックス前にあるバス停から7番バスに乗って揺られること20分ほどで到着しました。岩場の上から見る海には、タンカーがあちこちで休んでいて(もしかしたら働いてるのかも)のどかな風景。じゃここ岩南公園はどんなところか軽く説明しておきます。この公園は約1億年前に形成された堆積岩と原始林の公園として有名で、100種を超える野生花に、約400種の植物などが楽しめます。そして釣り場としても人気が高いんです。
岩南公園停留所で降りると、したに下る坂と、その下のほうに大きな駐車場が見えます。ここからはいつものように歩きなので、げげっ!とか思わないで気楽に散歩を楽しみましょう。まず少し下りていくとおっしゃれ喫茶店発見。帰りにちょっと寄ってみよーっと。さらにずんずん降りればそこは大駐車場。ナビの見た限りでは、ここにいる人々の割合は7;3で釣り人のほうが多そう。なにが釣れるのか気になり、しばし観察するナビでしたが、あいにくこの日きていた釣り人たちは腕があまり良くないみたいで、一人として魚を釣り上げている姿がみれませんでした。もしや釣り場として有名なのではなく、釣り人が多くて有名なのでは?しかたないので近くにある刺身屋台エリアにいってみて見ましょう。
魚というより貝類の方が多いかな?ちなみにお値段は20.000ウォンから盛り合わせを作ってくれるそうです。じゃ、多人数で行ったほうがお得ですね。店の表に簡単な水槽、中には簡単なお座敷。外には海と山。釜山らしさが前面におしだされている公園です。
次にナビは岩場に貼り付けられた遊歩道階段に向かいます。けっこうな岩場に設置されていて、10mほどのつり橋が掛けられているんですが、これがゆれるゆれる。意気揚々とした心持ちで臨むナビですが腰はそうではないみたいでなかなか進めません。そんなこんなでたどりつくと、斗島(トゥド)という小さめの岩島が良く見えるポイントに到着です。もちろん下はもろ岩場。この遊歩道階段を下りて下の岩場で寝そべってつりを楽しんでるツワモノもいます。だいじょうぶかな…。大波なんかきたらと、この頃心配性のナビなど関係なく釣り人は糸を垂らし続けるのでした。
では次にこのポイントから少し階段を上がって森林遊歩道にいってみますか。緑の門をくぐれば、潮の香りが緑と土の匂いに。ゆるい遊歩道をふらりふらりと上って行くと、あら、ここにもつり橋が。韓国語で「雲の橋」と書かれ、その下に「十人以上で同時に渡るべからず」とか(他にも2~3項目)書かれてるんですけど、ナビが見る限り、元気満々のおばさん達が5人ぐらいで揺らしまくってました。これを見たナビは安心感を抱き、おばさん達が去った後にひとりで突っ走るべく体制を整えていたのですが、いつのまにか韓国人のおじさんに後ろを取られめちゃくちゃ揺らされました。みなさんもつり橋を渡るときは前後確認は必ずしましょう。
さてさて、危険な冒険を終えたナビは次に、山頂方面に行くか、はたまた絶壁方面に行くかのジャンクションに。上りはきついのであっさり下り道の続く絶壁コースにします。10分もあるけば、岩場に貼り付けた細い階段がまた現れて、今度はさっきよりちょい高いみたいだけど勢いで降りていきます。降りてみると、一枚岩の上で外人たちが海水浴(まだ寒いはずだけど)してるみたいで、こんなところまで飲食物を持ち込み。とりあえず今日は良く焼けたみたいでよかったですね。そんなことよりこの絶壁地にはブロックを積み上げた、高さ1mの塀みたいなものが三箇所あります。これは海兵隊の人が夜警をするときに使うそうです。
海とほぼ直角に切立つ絶壁は赤く、潮風にも侵食することなく威厳を誇示し、その険しさは1億年をまったくものとはしない逞しささえ感じられるのでした。 岩南公園の堆積岩と砕け散る波と外人を堪能したナビは折り返すことに。帰り道はつり橋を渡るときだけ周囲に神経を使い、あとはの~んびりと鼻歌まじりで帰ることができました。この公園は冷や汗もあったけど、ナビはお気に入りがまたひとつ増えてラッキー、今度は皆さんがスリルを味わう番ですよ。以上、岩南公園からプサンナビがお届けしました。

記事登録日:2002-05-30

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2002-05-30

スポット更新日:2012-02-01

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供